ページの一番上へ

menu SEED Solutions

THKとミズノがヒューマノイド型ロボット用
「エアリージャケット」共同開発

2018年10月17日

THKとミズノ株式会社(以下ミズノ)は、ロボットが発する熱を排除して稼動効率を向上させるヒューマノイド型サービスロボット用「エアリージャケット※」を開発しました。

※ミズノ独自のパターン設計とファンにより空気の流れをコントロールするワークウエアです。

 

 このワークウエアを着用させることによってTHKが開発した「SEED-Noid」の上半身、特に腕にあるモーターから発する熱を効率よく袖口に換気し、温度上昇をウエア内2.2度、腕部4.3度抑え、長時間の連続稼動を実現します。このようなロボットの空冷ウエアは日本で初めてです。

 

 これはミズノが長年スポーツウエアの開発で培った技術を一般生活者向け用途として展開したワークウエアを、人だけでなくロボットに応用したものです。

 

プレスリリース「THKとミズノがヒューマノイド型ロボット用「エアリージャケット」共同開発」はこちら(399 KB)

 

THKとミズノがヒューマノイド型ロボット用「エアリージャケット」共同開発