ページの一番上へ

menu SEED Solutions

SEED MC1A / MC3Aのファームウェアバージョンアップについて



2017/03/14

2017年3月1日より、SEED+PicselTRX に搭載されているSEED MC1A/MC3Aのファームウェアを現行のVer 0.702にバージョンアップいたしました。

  1. 1.変更内容
    ① モータステータスをLEDにて表示の機能を追加(MC3Aのみ)
    ② ポイントGOコマンドの1ポイント移動(単発)での制御方式変更
    ③ 既存機能の不具合修正
  2. 2.バージョンの詳細
    変更前:Ver 0.700
    変更後:Ver 0.702
    ※バージョンはSEED Editorにて確認できます。
  3. 3.対象形番
    以下の製品のSEED Driverのファームウェアが変更になります。
    標準品 SEED+Picsel PCS9S、PCS9D、PCS9RD、PCS9SL、PCS9GP
    TRX TRX-S、TRX-L

    ※ストロークによる違いはありません。

[変更内容詳細]

  1. ①モータステータスをLEDにて表示の機能を追加(MC3Aのみ)
    LED種別 LED ON条件 LED OFF 条件
    LED_M1(緑) 電源電圧がモータ設定の電圧リミットの設定範囲内で点灯 電源電圧がモータ設定の電圧リミットの設定範囲外で消灯
    LED_M2(赤) ドライバICが130℃になると点灯 ドライバICの内部温度が下がり、モータを回転させると消灯
    ドライバICが160℃になると点滅
  2. ②ポイントGOコマンドの1ポイント移動(単発)での制御方式変更
    SEEDコマンド「ポイントGO」のポイント指定方法が「ポイント番号」による動作の制御方法が、サーボモード※1から台形制御に変更になります。
    旧バージョンの移動方式をご使用になる場合は、下記のようにスクリプトを変更することで対応可能です。
    ※1 サーボモード・・・位置決め完了後に外力によって位置がずれても、元の位置に戻るように動作をするモード

    【旧バージョンの1ポイント移動と同じ動作にする方法】
    《現行の記述》

    《旧バージョンの仕様に変更》
    「ポイント指定方法」をポイント範囲に設定し、「開始ポイント」と「終了ポイント」を同じポイントNo.にして変更を押す。
    以下赤枠のような表示になる。
  3. ③既存機能の不具合修正
    旧バージョンの機能とパラメータ、スクリプトはそのまま使用できます。
    詳細内容は「Release notes_MC_Ver0.702」を参照してください。

以上