ページの一番上へ

menu SEED Solutions

SEED Solutions

次世代ロボットをSmartに構築する
RTシステムソリューション
=お客様のトータルコストを削減するRTシステム

SEED Solutionsは、
動きを表現する、Actuator Systemと動きをコントロールするMaster Sustemで構成されており、
これらを組みあわせることによって、さまざまな次世代ロボットをリーズナブルな価格で構築することが可能です。

配線は簡単です。
ケーブルで、SEED Driverをデイジーチェイン接続し、最大14軸の多軸制御が可能です。
SEED Driverのみでも、SEED Editorによって多軸制御が可能ですが、
SEED-MSを接続しEditorやSDKでプログラムをすることで、より複雑な動きが可能になります。

SEED Driverにより、シンプルなRTシステム構成を実現可能です。
それぞれに、CAN通信機能と多軸コントロール機能を搭載しているので、
外部コントローラ無しで複雑な制御を行うことが出来ます。

SEED MSは、Scriptによる、多軸制御システムの他に、SDKを用いさまざまな機能を提供します。
標準で、4点の入出力とアナログ変換、各種シリアル通信機能を搭載。
Extenderを用い、最大32入出力機能を、最大12点のAD入力、各種無線機能、OLEDによる画面表示を提供します。 
拡張機能とSDKを用いてRTシステムを構築できます。

さあ、はじめましょう!